今流行りのCBD|オイルやベイプのおすすめは?

みなさんは「CBD」をご存知でしょうか?

今ではオンラインだけでなく店舗などでも気軽に購入できることから、目にしたことがある方も多いでしょう。

電子タバコ型のベイプが有名ですが、食用オイルやフレグランスオイル、グミタイプなどCBDアイテムは益々新商品が増えてきています。

そこで今回は、CBDの説明からおすすめのCBDアイテム「METASU(ミタス)」をご紹介いたします。

この記事でわかることはこちら。ぜひご覧ください。

  •  CBDとは?THCとは?
  •  CBDは危険?違法?
  •  CBDの効果・効能
  •  CBDアイテムの種類・使い方
  •  METASUがおすすめの理由

CBDについて

METASU001

まずは「CBD」がどういったものなのかをご説明いたします。

CBDとは「カンナビジオール」のことで植物由来の天然成分です。

さらに詳しくいうと、大麻草に含まれるカンナビノイドの一種でアメリカなどでは”医療用大麻”の合法成分としても用いられています。

カンナビノイドは80〜114種類ほどもあると言われており、なかでも「CBD(カンナビジオール)」はさまざまなメリットがある天然化合物として期待され世界中で研究が行われています。

「大麻?違法なのでは?」と感じる方も少なくないでしょう。たしかに大麻というと”マリファナ”の印象が強いためにCBDも違法で危険なものだと感じてしまいます。

CBDは大麻草から抽出される天然成分ではありますが、私たちがイメージするマリファナとは全く別物です。のちほど詳しくご説明いたしますが、マリファナには精神活性作用(”ハイ”な状態)があり思考力や認知力の低下、心臓への負担などがあります。しかしCBDには精神活性作用はなく、ストレスや不眠の緩和などリラックス効果を期待できるものなのです。

上記のようにCBDは私たちの知るマリファナとは異なり、日本でも合法なもので世界保健機関(WHO)もCBDの安全性や有効性を認めているほどです。

THCについて

CBDFRAGRANCEOIL-10mL(INTO-THE-WOOD)とCBDTINCTUREOIL-5_とCBDVAPEPEN(HEMP)3点のセット写真

つぎに「THC」についてご説明いたします。
 
THCとは「テトラヒドロカンナビノール」のことで、CBD同様大麻草から抽出されていますが、CBDとは異なりマリファナの主成分でもあります。

THCは人体の精神に影響を与え、いわゆる”ハイ(High)”な状態となるのです。

 
記憶障害や空間認識力などに影響を与えるTHCは日本では違法とされており、法律で使用が禁じられています。
 

しかしながら、CBDはTHCとはまったく違う物質です。先述の通り、CBDが精神に与えるのは”ハイ”になる効果ではなくリラックス効果です。

また、身体にもさまざまな良い効果をもたらすとされています。

 

CBDとTHCの効果・効能の違い

CBDもTHCも同じ大麻草から抽出される成分ですが、効果・効能に違いがあります。

違法な成分であるTHCには、強い「精神活性作用」があります。マリファナのように”ハイ(High)”な状態を作り出し、依存症や脳や精神へ悪い影響を与えます。

CBDには「精神活性作用」はなく、あくまでもリラックス作用を主としています。

ストレスの緩和や不眠を和らげるなど、心身の癒し効果が期待できるものです。

 

精神活性作用があるTHC

先述のとおり、THCは強い「精神活性作用」があります。

マリファナが”ハイ(High)”な状態をもたらすのは、このTHCが原因なのです。

副作用には依存症や記憶障害、運動機能の低下などがあります。

そのため、日本国内だけでなく海外でも使用を禁止されている場合が多い成分ですが、鎮痛や抗がんなどの作用もあるため「医療用大麻」として承認している国もあります。

THCを多用すると、副作用である依存症や心臓への負担などがあり心身ともに危険なため日本国内でも規制されているのです。

 

リラックス作用のあるCBD

”ハイ(High)”な状態となるTHCとは異なり、心身のリラックス効果を期待できるのがCBDです。

「非精神活性作用」であるCBDは、不安な気持ちを緩和してくれるなどうつ病やパニック障害を和らげる効果があるとされています。

また、不眠や寝つきの悪さの緩和も期待でき精神への悪影響なく安心して使えます。

THCのように依存症や身体への負担などもほとんどないため、普段の生活の中で気軽に取り入れることができるのがCBDなのです。

 

CBDの効果、効能を解説

CBDFRAGRANCEOIL30パッケージとビン

それではCBDは何のために摂取するのでしょうか?

早速、CBDを摂取して得られる可能性のある効果や期待できる効能などについてご紹介いたします。

  •  ストレス・不安・心配の緩和
  •  心身のリラックス
  •  不眠・寝付きの悪さを緩和
  •  煙草の禁煙・減煙への期待
  •  肌荒れの改善
  •  集中力の向上

上記のとおり、CBDの摂取で期待できる効果・効能は多岐にわたります。

精神疾患の緩和などもひとつの効果として挙げられており、海外ではスポーツ選手が練習やトレーニングのあとに摂取しているとも言われています。

 

CBDは摂取量に注意

CBDはTHCと違い、合法成分であり危険性や依存性はないとされていますが摂取量には注意が必要です。

たとえば初めてCBDを摂取する方が、突然多量にCBDを摂取してしまうとリラックス効果が強く出てしまい日中強い眠気に襲われたりなどが考えられます。

 

適切な摂取量は?

適切な摂取量については、購入したCBDの説明書を見ることが大切です。

商品によっては、目安量や摂取方法についての取扱説明書が入っている場合があります。

しかしながらCBDアイテムには、上記のような説明書や明確な目安量の記載がない場合が多いです。これは、摂取する人の体格や健康状態によって適切な量が異なるためです。

そのため、食用オイルやグミなど直接口内から摂取するタイプのCBDの場合は、少量から始め自分に合ったベストな量を見つけていきましょう。

 

CBDの主な使い方

CBDFRAGRANCEOIL-10mL(INTO-THE-WOOD)とCBDVAPEPEN(HEMP)のセット写真

「CBDについてはなんとなく理解できたけど、どうやって使うの?どんな時に使うの?」

CBDは体内に取り込むことで摂取できます。摂取方法はアイテムによって異なり、CBDを使うシーンなどによっても異なります。

たとえば、CBDを使う場面としておすすめなのはこのような時です。

  •  自宅や旅先でリラックスしたい時
  •  睡眠不足・寝付きが悪い時
  •  禁煙・減煙中
  •  疲れが溜まっている時

いつものリラックスタイムにプラスするだけで、より癒し効果を高められます。

 

CBDの使い方、摂取方法は?

CBDの摂取方法は、商品によってさまざまです。

もっともポピュラーなのは「VAPE」という”電子タバコ”タイプのものでしょう。

まさに電子タバコのように、吸引口から吸い込み、CBDを取り込むこむことができます。

オイルタイプも人気で、食用やアロマタイプなどライフスタイルなどに合わせて使用できます。お菓子感覚で摂取できる”グミ”は、とくに女性人気の高いCBDアイテムです。

 

CBDの商品種類について

CBDTINCTUREOIL10%ビンのみキャップ開け

CBDの摂取方法や使い方はアイテムによって異なるとご紹介いたしましたが、ここからはもう少し具体的にそれぞれのアイテムについてご紹介いたします。

どのアイテムが自分に合うか、ぜひご覧ください。

 

CBDのベイプ(電子タバコ)、リキッド

ベイプ(電子タバコ)やリキッドタイプは、チルアイテムとして最もポピュラーな形です。

スティックのような本体に、すでにCBDが充填されていてそのまま吸引できるタイプと本体と”リキッド”と呼ばれるCBDを挿し込んで使えるタイプがあります。

そのまま吸引できるタイプは使い切りのものが多く、本体のメンテナンスなどが不要で手軽なのが魅力。リキッドを挿し込んで使うタイプは、本体を使いまわせるため交換用リキッドを安く購入できるメリットがあります。

 

CBDのオイル(ティンクチャー・フレグランス)

オイルタイプはベイプ系のアイテムに次いで人気のある形です。

香水がわりに使用したり、ルームフレグランスのように枕やハンカチなどファブリックに垂らして使うことができます。

そのほか、シーシャに混ぜて使ったりアロマオイルとしてお風呂や加湿器に混ぜる使い方もあります。

オイルタイプは幅広い使い方ができ、ベイプのような電子タバコ型に抵抗のある女性でも使いやすいのが魅力です。

 

ティンクチャーオイルとフレグランスオイルの違い

実はCBDオイルには、大きくわけて2種類のタイプがあります。

「ティンクチャーオイル」「フレグランスオイル」と呼ばれており、「ティンクチャーオイル」は”食用”、「フレグランスオイル」は”非食用”と分けられています。

「ティンクチャーオイル」は、コーヒーやスムージーなどの飲み物にはもちろん、普段のスキンケアアイテムに混ぜて使ったりシーシャに混ぜて使うこともできます。

「フレグランスオイル」は”非食用”のため、ティンクチャーのように直接口にすることはできません。

フレーバーが付いているものが多いため、アロマオイルのように香りを楽しむ使い方ができます。

 

CBDのグミ

じわじわと人気が高まってきているのが”グミ”タイプのCBDアイテムです。

1日1粒程度を目安量としている商品が多く、素早く手軽にCBDを摂取できるのが嬉しいポイント。また、「朝・昼・夜」と時間帯別に商品展開されているものが多いです。

朝用は気分をスッキリさせてくれるもの、昼用はリラックス効果のあるもの、夜用は寝付きをよくしてくれるようなもの。

現在発売されているCBDグミは、海外のお菓子のようなカラフルなものが多く甘く味付けされているものが一般的です。色鮮やかなものが多いため、人によっては食べるのに抵抗がある方もいますが手軽に摂取できると人気を集めています。

 

CBDのワックス

CBDワックスは、CBDアイテムの中でもCBD濃度が60〜90%(通常は10〜15%程)と高く効率よく摂取できると主に上級者に人気です。

見た目はハチミツのようなビジュアル。ワックスの使い方はいくつかありますが、そのまま口の中に入れて摂取したり肌に塗って使うこともできます。

基本的には、ベイプのような吸引器具のようなものにワックスを入れる方法が多いです。

コスパもよくCBD濃度も高いため人気ですが、ワックスが固まりやすかったり吸引器のお手入れが必要であったりと使いづらい点もあります。

 

CBDならMETASU(ミタス)

metasu006

さきほどご紹介したとおり、CBD商品は多岐に渡り展開されています。

しかし、CBDに興味があってもどのようなタイプが良いのかどこで買うのが安全なのか、とくに初心者の方は悩んでしまいますよね。

そこでおすすめなのがMETASU(ミタス)が展開するCBDアイテムです。

「METASU(ミタス)」の開発するCBDアイテムは、日本で禁止されているTHCを含まないことはもちろんのこと、オーガニック原料を使用しています。

また、「METASU(ミタス)」のCBDアイテムはどれもスタイリッシュかつナチュラルなビジュアルなのが特徴。

インテリアやファッションアイテムとしても馴染むのも大きな魅力です。

まずは「METASU(ミタス)」が展開するCBDアイテムたちをご紹介いたします。

 

愛煙家にもおすすめ|ペイプ

metasu007

『CBD VAPE PEN』は電子タバコのような使い方でCBDを摂取できるアイテムです。

パッケージを開封したあとは吸引するだけで使用できる簡単な仕様。禁煙中の方や愛煙家の方にも使いやすくおすすめです。

充電はUSBで行えるようになっており、最後まで吸引し終わったあとはそのまま処分できます。使い切りタイプの手軽さも嬉しいですね。

CBDを15%配合しており、フレーバータイプなので初心者の方でも抵抗なく使えるのがポイント。フレーバーは「マンゴー」「アップル」「ヘンプ」の3種類の用意があり、3種セットのお得なものもあります。

 

食事に混ぜたり直接口に摂取|ティンクチャーオイル

CBDTINCTUREOIL5%ビンのみキャップ開け

『CBD TINCTURE OIL』は食用オイルタイプのCBDアイテムです。

『CBD TINCTURE OIL』をそのまま舐めたり、普段の飲み物や食事に混ぜて使用します。他のアイテムとは違い、香りや味もついていないため飲み物などの邪魔をしないのが『CBD TINCTURE OIL』の魅力です。

スポイトタイプで適量を出しやすいのも嬉しいポイント。スキンケアアイテムに混ぜて使うことも可能です。

「CBD1000mg10%配合」の高濃度タイプと「CBD500mg5%配合」の標準タイプの2タイプがあります。CBDアイテムを初めて使用する方は標準タイプがおすすめ。

CBD経験がある方は高濃度タイプから試してみるのも良いです。

 

体にふりかけるだけ|フレグランスオイル

フレグランスオイルブツドリ_植物_イノセンス

『CBD FRAGRANCE OIL』は身体や布ものなどに使えるオイルタイプのCBDアイテムです。

使い方はさまざまですが、主に4パターンあります。

  •  香水
  •  マッサージオイル
  •  湯船に
  •  アロマオイル

フレグランスとして手首や首筋に馴染ませる使い方や、マッサージオイル、入浴時に湯船に垂らして香りを楽しむこともできます。

アロマオイルの代用としても使えるため、加湿器やアロマ専用の機械へも使用できます。ハンカチや枕などにもおすすめです。

香りをメインに楽しむ使い方の場合、CBD成分を摂取することはできないので注意が必要です。

『CBD FRAGRANCE OIL』では、4つのフレーバーが展開されています。男性も女性も使いやすい香りばかりで、お気に入りのものを見つけやすいラインナップです。

  •  INTO THE WOODS(花や木のリラックス系)
  •  DRESSING TABLE(フローラルフルーティ・ユニセックス)
  •  SUNNY DAYS(フルーティフローラル)
  •  INNOCENCE(ムスク・甘めウッド系)

 

初心者向けのスターターセット

CBDFRAGRANCEOIL-30mL(INTO-THE-WOOD)とCBDTINCTUREOIL-10_とCBDVAPEPEN(HEMP)3点のセット写真

「METASU(ミタス)」では、VAPE・FRAGRANCE・TINCTUREを組み合わせた『CBDスターターセット』も展開されています。

”VAPEとFRAGRANCE”のセットや”VAPEとTINCTURE”のセット、3アイテムすべてが揃ったものもあるのでCBDデビューの方はもちろん、METASUが初めての方や普段からCBDアイテムを愛用しておりいろんなものを試したいというCBD上級者の方にとってもお得です。

もちろんフレーバーも選べるのでお好きな香りや挑戦したい香りを選んでみてください。

 

METASU(ミタス)のCBDがおすすめな理由

CBDVAPEPEN

CBDアイテムは国内外を合わせると星の数ほどの商品が販売されています。

雑貨屋やアパレルブランドで買えるものもあれば、専門店で取り扱っているものやオンライン販売のみのものも。

今回ご紹介したMETASU(ミタス)は、CBDに興味のあるすべての人におすすめできる商品です。使い方も簡単で忙しい日本人に手軽にチルタイムを届けてくれる優れものです。

 

METASU(ミタス)は多忙な日常にチルタイムを届ける

「METASU(ミタス)」は安心安全の”メイドインジャパン”。

「METASU(ミタス)」で使われているCBD原料は、一切THCを含んでいません。使用しているCBD原料は、アメリカ・ネバダ州産のものでオーガニック

また、アメリカの成分検査機関「sc Labs」にて成分分析試験を行い、日本へ輸入する際には厚生労働省の指示のもと正規に輸入許可を得ています。

CBD原料はアメリカからの輸入ですが、製造は日本国内で行われています。パッケージやフォルムもスタイリッシュで洗練されており、オイル系のアイテムは並べて飾っていても違和感なくインテリアにも馴染んでくれます。

何かと多忙でストレス社会を過ごす大人たちに、手軽にチルタイムを提供してくれるのが「METASU(ミタス)」なのです。

 

CBDのMETASU(ミタス)についてまとめ

metasu012

今回はそもそもCBDとは何なのかをメインに、ジャパンメイドの「METASU(ミタス)」のCBDアイテムについてご紹介いたしました。

  •  安心安全のメイドインジャパン
  •  CBDデビューぴったり
  •  スタイリッシュでお洒落
  •  手軽にチルタイム体験

CBDに興味を持っている方や日々のストレスを癒したい方、CBD上級者のあなたにも「METASU(ミタス)」のCBDアイテムはおすすめです。

あなただけのチルタイムを「METASU(ミタス)」で手に入れてください。